3S活動について

日の丸グループは、3S活動を実践しています

3S活動とは?

3S活動とは、「整理、整頓、清掃」を意味します。

社員一人ひとりがその意味を理解し、この活動を通じて、社内での問題点を発見し、その解決方法の意見を出し合い

討論しながら安全で快適で効率の良い職場環境を自ら作り出していくという目的も持っています。

グループの中でも、仙台は平成25年8月にこの活動を始めました。

初年度は活動の意味、目的、進め方も理解できず、社員の気持ちがバラバラですべてが手探り状態でした。

少しずつ成果が目に見えてくるようになると、社員の理解も深まることで

社員が積極的に3S活動に取り組み、3S委員会の設置、毎月の勉強会の開催など、会社全体の社風も大きく変化しました。

現在は、毎週社内での課題を設け、それを解決にするにあたり、3S活動の時間を作り、計画的に改善活動を行うまでになっています。

その結果、仙台は安全性を含め、職場環境が格段に良くなりました。

その効果を踏まえ、グループとして、平成27年7月より、東京、ステンレスアートも3S活動をスタートしました。

グループ各社は、営業形態、地域性など、それぞれ違う特色を持っております。

しかし、会社を良くしていきたいという気持ちは、グループ全社員共通です。

私たちの取り組みは、ただの始まりと考えます。

今に甘んじず、これからも貪欲に挑戦し続けます。